04 July 2015

朝日新聞 (Asahi Shimbun) Op-Ed: “日中間の危機管理–海空連絡メカニズム急げ” (Japan-China Crisis Management—Expedite an Air-Sea Contact Mechanism)

In an op-ed published today, Prof. Adam Liff and I argue that Tokyo and Beijing urgently need to establish, and to reliably implement, bilateral crisis management capabilities vis-à-vis the East China Sea. Hotline(s) could be of particular utility as a contact mechanism, but would only be as good as both sides’ commitment to actually using them in the event of a crisis. Our op-ed appears in Asahi Shimbun, Japan’s second-largest newspaper with a daily circulation of over 10 million readers.

アダム・リフ、アンドリュー・エリクソン [Adam Liff and Andrew Erickson], “日中間の危機管理–海空連絡メカニズム急げ” [Japan-China Crisis Management—Expedite an Air-Sea Contact Mechanism],(私の視点)[Our Perspective (Op-Ed)], 朝日新聞 [Asahi Shimbun], 4 July 2015.

Click here to read the full text.

2012年9月以降、日中間の緊張は二つの面で過去に例がないほど高まっている。尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺の海域と上空で中国が軍事的・準軍事的な活動をしたり、中国機の接近に日本も戦闘機を緊急発進させたりしていることだ。世論調査によると、相互の反感は国交正常化以来最悪になっている。

昨年11月、安倍晋三首相と中国の習近平(シーチンピン)国家主席が首脳会談をしてから冷え込んだ両国関係は改善され始めた。だが(両国の艦船や航空機で)混み合うこの海域と空域では計算違いや、緊張度の高くない遭遇が重大な危機にエスカレートするリスクがまだ高く、安心できない。…